歴史あるお寺や神社、坂道と海が織りなす美しい風景…… でも尾道の魅力はそれだけではありません。これまであまり注目されてこなかった住宅や事務所、銀行建築や土蔵など、尾道の賑わいをいまに伝えるきらっと光る建築たちがこの町にはたくさんあります。身近な建造物にも興味を持ってもらい、尾道の建築に対する理解を広げたい。また、昔の技法や職人の技などを実際目にすることにより、現代の日本建築が失いつつあるものを再認識し、技術の継承を提唱し、これからの尾道の家づくりについても考えるきっかけをつくりたいと考えています。「尾道建築塾」はその思いを形にするべく「尾道空き家再生プロジェクト」が一般の方を対象に開いているセミナーです。尾道の町並みを専門家とともに散策したり、ユニークな建物を訪問見学する「たてもの探訪編」と、再生現場で実際の作業を体験する「再生現場編」を開催しています。随時告知を行い参加者を募集しています。各回内容に応じて定員があります。
和作ウィーク2022 〜小林和作をめぐる。〜

和作ウィーク2022 〜小林和作をめぐる。〜 更新日:22年10月10日

  昨年に続き、小林和作旧居を中心に和 作ゆかりの場所を開きます。 特別展として「丸木スマ-和作の愛し たおばあちゃん画家」を開催。 他にも関連した展覧会、トーク、ツア ー、ワークショップを会期中開催。 場所を活用し、味わいながらその継承 可能性を考えていきます。 主催:NPO 法人尾道空き家再生プロジェクト、                      AIR Onomichi 協力:尾道市立美術館、なかた美術館、    長江公民館 後援:尾道市、尾道市教育委員会 助成:公益財団法人 福武財団、    中国地方地域づくり等助成事業 内容:オープンハウス、ワークショップ、    展覧会、トーク、ツアー 予約・お問い合わせ :電話080-6323-9921          メール mail@onomichisaisei.com オープンハウス 3軒同時...
尾道・瀬戸際建築スケッチ旅 

尾道・瀬戸際建築スケッチ旅  更新日:22年09月19日

日々気づかないうちに、尾道の時代を生き抜いてきた大切な建造物が簡単に取り壊されていっています。 その歴史的価値や存在意義を問われることもなく、風景がどんどん変わっていく現代社会に物申す新企画です。 これ尾道に残したいな!と思う建造物を旅する建築家・渡邉 義孝さんに熱く語ってもらった後、1時間ほどのスケッチタイム、その後みんなで近くの再生事例のカフェでお茶をしながら講評会をします。完成したスケッチは、後日、商店街のゲストハウス「あなごのねどこ」の路地ギャラリーで展示します。 第3回目は、銀山街道こと長江通りの上の方、窓から千光寺のロープウェイが行き来する姿が見える昭和初期の建物。 尾道市の名誉市民、洋画家の小林和作さんが尾道に移住後、1974年に亡くなるまでの40年間を過ごした旧居です。 尾道市にご...
尾道建築塾 たてもの探訪編2022

尾道建築塾 たてもの探訪編2022 更新日:22年04月20日

久々のたてもの探訪編を開催します! 2 つのユニークなコースを専門家とともに散策することで、まちの魅力を再発見していきます。 日時:①尾道の古社寺巡りコース (講師:尾道大学非常勤講師 渡邉義孝)     5月15日(日)14:00~16:00 長江口ロープウェイ乗り場前集合    ②長江エリアと失建築コース (講師:尾道市立大学美術学科教授 小野 環、東京工業大学准教授 真野洋介)     5月28日(土)14:00~16:00 長江口大型バス駐車場(公衆トイレ横)集合 参加費:各回一般1000円(資料代含む)      *限定各回20名(要予約) 予約・問合せ:電話 09...
和作ウィーク2021 〜小林和作をめぐる。〜

和作ウィーク2021 〜小林和作をめぐる。〜 更新日:21年10月10日

  広島県尾道市の名誉市民の画家・小林和作 (1888~1974)の・アトリエ兼住居は、和風住宅の 逸品として、建築的・文化的にも重要な建築です。この度、和作旧居をはじめ、和作ゆかりの 場所を同時公開します。 この機会にそれぞれの場所を見ていただくことで和作についての新たな理解を深め、またエリアの可能性、和作旧居 の未来を考えていく機会にしたいと思います。 主催 :NPO 法人尾道空き家再生プロジェクト     AIR Onomichi 協力:尾道市立美術館、なかた美術館 後援 :尾道市 尾道市教育委員会 助成 :公益財団法人 福武財団 瀬戸内海地域振興助成 内容:オープンハウス、ワークショップ、展覧会、トーク、ツアー 予約・お問い合わせ :電話080-6323-9921  メール mail@onomichisaisei.com *コロナ感染症にで...
尾道・瀬戸際建築スケッチ旅

尾道・瀬戸際建築スケッチ旅 更新日:21年09月26日

日々気づかないうちに、尾道の時代を生き抜いてきた大切な建造物が簡単に取り壊されていっています。 その歴史的価値や存在意義を問われることもなく、風景がどんどん変わっていく現代社会に物申す新企画です。 これ尾道に残したいな!と思う建造物を旅する建築家・渡邉 義孝さんに熱く語ってもらった後、1時間ほどのスケッチタイム、その後みんなで近くの再生事例のカフェでお茶をしながら講評会をします。完成したスケッチは、後日、商店街のゲストハウス「あなごのねどこ」の路地ギャラリーで展示します。 第2回目は、尾道旧市街のど真ん中に位置する浜の障子の角にある元産婦人科医院の建物。 解体するかもしれないという話も浮上しています。 講評会をするカフェは、我々の再生事例でもある明治時代の元呉服屋の町屋「あくびカフェー」の予定...
©2008 尾道空き家再生プロジェクト